• 請負事業
  • 派遣事業
  • 登録
  • 海外事業

新入社員がお届けする、フレッシュなBlog

2020年8月24日 更新

セミも死ぬ暑さ…🌞💦

ミヨシ ホームページをご覧の皆様、こんにちは!
いつもご覧いただきありがとうございます( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )🌼

 

お盆が過ぎ、8月もあっという間に後半戦になりましたね🌊🌊。
今朝、出勤するときにはとんぼが飛んでいました😊😊

 

日中はこんなに暑いのに秋の訪れを感じました🍁゚゚(´O`/)°🍁。
セミはこの暑さの中だと熱中症で死んでしまうらしいです👻。
夏が本番のセミでも熱中症になってしまうのだから、
人間も気を付けなければいけませんね( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )💔

 

さて今回は、熱中症の他に暑い日に気を付けなくてはいけない『クーラー病』について、
少し調べてみました💪(   ˙꒳​˙   )。

 

私たちの体は自律神経によって体温を一定に保っています。
夏は血管を拡張させて体の外に熱を逃がしているのですが、冷房の効いた室内にいると血管が縮みにくくなり体内の熱が逃げすぎて
体が冷えてしまったり、外出先との激しい温度差によって自律神経のバランスが崩れてしまうようです。
自律神経は、体温調節や発汗などのコントロールをしているので、バランスが崩れると冷えに対しての抵抗力が弱くなってしまい、、足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など、、さまざまな体の不調が起こってしまいます。

これを『クーラー病』というそうです😨😨😨

 

しかし、ここまで暑いと毎日クーラー三昧ですよね🍣。
最近はコロナ自粛で家にいることも増え、会社にいるとき以外はずーーっとクーラーの下です🤧。

 

予防としては、

暑いとつい、温度を下げたくなりますが、
①エアコンの設定温度は「外気温マイナス3~4℃」をひとつの目安にする。

②ときどきエアコンをとめ、窓をあけて外気をとり入れる。

③できるだけ冷房機能を使わず、除湿で済ます。  

会社など、エアコンの温度や風向きを勝手に設定できない場所もあります。そうした場所では、
④衣類で調節する(腹巻きが良いらしいです)

などなど。。。

ざっと紹介しましたが、まだまだ自分で対策できそうなことはたくさんありました(。☌ᴗ☌。)
興味がある方はクーラー病で調べてみてください🙇🙇!!
まだまだ暑い日は続くと思うので、うまくクーラーと付き合っていけたらいいですね👙😎👙。

 

 

昨日、衛生管理者の資格が届きました(ง ˙˘˙ )ว。
狙っているわけではないですが、
今回は衛生管理者っぽい内容のブログがかけたのではないでしょうか🐇。笑

 

社会人として、食べ物の話だけではなく🍖
たまにはまじめな話をして、このブログが黒歴史とならないよう
がんばっていきたいです🍖🍣🦑。

 

では、次回のブログもお楽しみにくコ:彡くコ:彡

 

‍🐥 石  山 🐥